資金繰り表

資金繰り表

企業の資金繰りの管理のためには収益性の向上と支給能力の維持のための資金繰り表が必要だ。

すなわち製品を生産しようとするなら工場建設、機械設備などが必要でまた製品を販売しようとするなら製品や材料も保有して外相販売にともなう売り上げ債権も発生して、支給手段としての現金預金も必要となる。

これと共に企業経営上投下される資本が多くなることになればどこにどれだけの資本を投下しなければならないかを計画することが重要な事項になる。
このような資金繰り表の重要性は企業倒産の原因を調べれば簡単に理解することができる。

企業倒産の原因は売り上げ債権の過大、在庫資産の過大、固定資産の過大、借金の過大、利益の不足などで資金調達が弱まって倒産に達することになる。

企業倒産の原因を把握するということにあって記憶しなければならないことはこれら倒産の原因が個別的にできるのではなく複合的に発生するということだ。

例えば売り上げ代金回収が弱まれば支給手形、借入れ金などの借金が多くなって資金調達がますます難しくなる。また金利負担が高まって当期純利益が圧迫を受けることになる。

したがって企業のこのような資金流れの複合的方向性を理解することが重要だ。
資金は最も保守的に計画しなければならない。 運転資金が増加するのは営業がうまくいくという証拠で良いシグナルに間違いないが、その内容に対しては明らかな確信がなければならない。 悪性在庫が増えて不良債権が増えても運転資金が増加する結果が出るためだ。

資金の側面では運転資金増加が良いシグナルとして見てはいけない。
それだけ資金が浸る結果がでるためだ。資金を使うならば明らかな回収率を持っていなければならない。

運転資金増減額

在庫や売り上げ債権で沈んでいるお金はいかなる付加価値も創り出すことはできない。
運転資金増減額は簡単に貸借対照表で手に入れることができる。

在庫増減に債権増減を加えた後、債務増減を抜いてくれれば良い。
考えれば簡単に知ることが出来る。このような重要事項は資金繰り表を作成管理することによって、全体を把握でき、いざ資金がショートするような事がおきても対処しやすい。

倒産の一番の原因が資金繰りの失敗だ。そこの対策を強化するために資金繰り表を作成して資金の対応にフレキシブルに動けるようにしておかなければならないのだ。

資金繰りはできれば毎日見直す必要がある。毎日ともなると経営者にとって大変な面もあるかも知れないが、そこを怠るのが一番危険である。

社員にまかせるのも一つではあるが、そこは経営者本人が一番目を光らせて管理する部分ではないか。

常に資金繰り表を管理して、頭にいれておくこと、そして常に資金がショートしないように対策を講じることが資金繰り表の意義となる。

最低でも月に一度、月末にきっちり資金繰り表をつけること。
後日まとめてつけることは意味がなく、その都度資金の流動性を抑えておくことが重要である。