グローバル資金繰り管理サービスの必要性

グローバル資金繰り管理サービスの必要性

特に全世界83ヶ国に1万ヶ所余り地点を持っているグローバル資金繰り管理サービスはグローバル営業網を整えた企業らに最適の資金繰り管理ソリューションと認められている。

実際に建設会社で最初にグローバル資金繰り管理体系を導入した建設会社はサービスのネットワークを利用して海外13カ所の工事現場に散っている資金取り引きを単一プラットホームで統合管理している。

中国に進出した大企業A社の場合、中国ネットワークを利用して色々な海外法人に分散したドル貨幣口座を資金過不足なしに統合管理している。

10個の海外事業場を保有しているB社は自らの全社的資金繰り管理システムとサービス提供の金融会社のサーバーを連動して事業場間送金業務を中央集中化して処理している。

そして中小企業も統合資金管理体制に移らなければならないだろう。

多くの企業らが資金繰り管理ソリューションを利用しているけれど、資金繰りの管理を単純にインターネット バンキングを通した決済や送金など狭い意味の資金繰り管理で理解している場合が多いようだ。

資金繰り管理をしている企業

初歩段階の資金繰り管理をしている企業らはこれから統合資金繰り管理に移らなければならないだろう。

統合資金繰り管理を物品購買にともなう資金決済と運転資金調達などに限定される決済で一歩進んで貸金決済過程で発生する数多くの情報らを関連させて購買と決済などに所要する時間と経費を節減する情報工学、資金の取り引きの透明性を高める危険緩和、資金調達を一つにまとめることがとても重要である。

企業の営業活動のために必要な資金を供給して、営業活動により発生した現金は中央集中化されたシステムで管理して、余裕資金は投資商品で運用して資金運営の効率性を極大化することができるように支援する。

そして企業の資金繰り管理の未来はどんな風に変化していくのだろうか。

企業の資金繰り管理で最も大きい問題は流入する資金が誰からくるのかよく分からないということである。

これからは取引先別に集金される資金を整理して企業顧客に提供する売り上げ債権業務が重要になるだろう。